部・委員会より > 研究部 > 研究授業公開

北理研主催 理科研究授業公開 H29年度実施報告

【理科総合】

日 時 : 平成29年11月17日(金)29sou1.jpg(8728 byte)
  13:00 〜 13:20 受付
  13:25 〜 15:25 授業公開・参加
  15:30 〜 16:00 課題研究活動の説明・質疑応答
会 場 : 北海道札幌啓成高等学校(札幌市厚別区厚別東4条8丁目)
授業者主担当者:植木玲一先生
授業内容等:「3/4発表会」(SSH課題研究発表会に向けて)
実施報告はこちらからご覧くださいpdf.gif(168 byte)

【地 学】

日 時 : 平成29年11月2日(木)27ti1.jpg(6204 byte)
  13:15 〜 13:35 受付
  13:40 〜 14:30 研究授業(3F 化学教室)
  14:40 〜 15:30 研究協議・合評会
会 場 : 北海道北広島西高等学校( 北広島市西の里東3丁目3-3 )
授業者 : 林保彦先生
授業内容等:3年「〜生徒に自作させて実験させる〜 『下敷きを使った、前線の形成実験』」
 実施報告はこちらからご覧ください。pdf.gif(168 byte)

【物 理】

日 時 : 平成29年11月16日(木)   13:00 〜 13:10 受付
  13:15 〜 14:05 授業公開
  14:15 〜 15:05 研究協議
会 場 : 北海道札幌南高等学校(札幌市中央区南18条西6丁目)
授業者 : 稲子寛信先生
授業内容等:「入試演習(二次対策)」
       実際の入試問題を活用したアクティブラーニング型の演習、自己分析シートの活用

【化 学】

日 時 : 平成29年11月15日(水)
  13:00 〜 13:15 受付
  13:20 〜 14:10 授業公開
  14:20 〜 15:10 研究協議
会 場 : 北海道千歳高等学校(千歳市北栄1丁目4−1)
授業者 : 飯嶋めぐみ先生
授業内容等単元:化学基礎化学反応式の量的関係(授業クラス:1年8組)

【生 物】

日 時 : 平成29年11月20日(月)
  10:15 〜 10:45 受付
  10:45 〜 11:35 研究授業
  11:45 〜 12:35 研究協議
会 場 : 北海道遠軽高等学校(紋別郡遠軽町南町1丁目)
授業者 : 関原加奈先生
授業内容等:【対象】3年選択授業(学校設定科目:生物研究) 23名
      【単元】生態系のバランスと保全
      【キーワード】外来生物、森林破壊、環境保全
      【内容】時事的問題点や今後の課題を生徒が見出し、「その課題に至った原因」「人間生活が与える影響」をグループで考察します。環境を保全したり、持続可能な社会を形成したりす る上で必要な知識や長期的視点を身につけるねらいで、主体的・対話的で深い学びを行いながら理解が深まるような授業形態で実施します。

【研究部】

日 時 : 平成29年11月9日(木)
  13:40 〜 14:10 受付
  14:10 〜 15:00 授業公開物理・化学
  15:10 〜 16:00 授業公開物理・化学・地学基礎
  16:10 〜 16:50 研究協議
会 場 : 北海道札幌西高等学校(札幌市中央区宮の森4条8丁目)
授業者
  物理 : 山本 睦晴
  化学 : 本間 順
  地学基礎:佐藤 誠
授業内容等「講義〜実験〜演習」ですすめる授業を物理・化学・地学基礎の3科目でそれぞれ実施します。


北理研主催 理科研究授業公開 H28年度実施報告

理科総合

日 時  平成28年11月18日(金)H28sougou.jpg(16210 byte)
    13:00 〜 13:20 受付
    13:25 〜 15:25 授業公開・参加
    15:30 〜 16:00 課題研究活動についての説明・質疑応答
会 場  北海道札幌啓成高等学校
授業者  植木 玲一 先生  堀内 信哉 先生
授業内容 「3/4発表会」( SSH課題研究発表会に向けて)
  詳しくはこちらからご覧下さいpdf.gif(168 byte)

物  理

日 時  平成28年11月16日(水)
    13:20 〜 14:10 受付大会議室
    14:20 〜 15:10 研究授業
    15:20 〜 16:40 協議会(合評会)
会 場  北海道科学大学高等学校
授業者  中谷 圭佑 先生
授業内容  反転授業で行う物理基礎
単 元  波動(波の表し方)

化  学

日 時  平成28年11月1日(火)
    13:00 〜 13:15 受付
    13:20 〜 14:10 授業公開
    14:20 〜 15:10 研究協議
会 場  北海道大麻高等学校
授業者  仲俣明泰先生
授業内容 化学基礎化学反応式の量的関係(授業クラス:1年5組)

生  物

日 時  平成28年11月24日(木)
    12:45 〜 13:00 受付
    13:00 〜 13:50 研究授業
    14:00 〜 14:50 研究協議
会 場  北海道函館西高等学校
授業者  栃木一晃先生
授業内容 3年選択授業31名
単 元  「生物群集と生態系」キーワード(個体群密度効果標識再捕法)
    密度効果のグラフから何が解るか、個体数の調査方法として、区画法と標識再捕法の仕組みなどを、
    生徒が「学び合い」をしながら理解を深めていく授業形態で実施します。
    (アクティブラーニング型の授業となります)

地  学

日 時  平成28年11月4日(金)
    13:15 〜 13:35 受付
    13:40 〜 14:30 研究授業(3F 生物教室)
    14:40 〜 15:30 研究協議・合評会
会 場  北海道札幌東豊高等学校( 札幌市東区東雁来町376-1 )
授業者  中西 諒 先生
授業内容 3年授業内容「火山灰から形成される火成岩を予想する観察実験」


北理研主催 理科研究授業公開 H27年度実施報告

物  理

日  時 平成27年11月12日(木)buturi27.jpg(21906 byte)
      13:15 〜 14:05 研究授業1
      14:15 〜 15:05 研究授業2
      15:15 〜 16:40 協議会(合評会)
会  場 北海道札幌南高等学校
授 業 者 稲子寛信先生
授業内容 物理におけるアクティブラーニングの実践単元:音
 詳しくはこちらからご覧下さい。

理科総合

日  時 平成27年11月17日(火)
      13:20 〜 14:10 公開授業
      14:20 〜 16:20 提言&研究協議
会  場  北海道北広島高等学校
授 業 者  木村宣幸先生(北広島高校)
授業内容  アクティブラーニングを意識した授業
          (単元:ドップラー効果)
研究協議提言者 村山一将先生(札幌創成高校・生物)
詳しい報告は、こちらからご覧下さい。

地  学

日  時 平成27年11月24日(火)H27tigaku.jpg(17020 byte)
      13:45 〜 14:35 研究面接授業(3F 物理・地学教室)
      14:45 〜 15:35 研究協議・合評会
会  場 北海道有朋高等学校
授 業 者 花輪俊秀先生
授業内容 対象2〜4年次  面接授業内容「大気と海洋の運動」
 詳しくはこちらからご覧下さい。

化  学

日  時 平成27年12月7日(月)
      13:30 〜 14:25 授業公開
      14:35 〜 15:30 研究協議
会  場 北海道岩見沢東高等学校
授 業 者 橋村正悟郎先生
授業内容 単元:化学反応速度分野(対象:2年理系クラス)

生  物

日  時 平成27年12月2日(水)
      13:25 〜 14:15 研究授業
      14:25 〜 15:15 研究協議
会  場 北海道室蘭清水丘高等学校
授 業 者 宗像利忠先生
授業内容 生物基礎第1章「生物の特徴」そのまとめとして、仮説実験授業を行います。


北理研主催 理科研究授業公開 H26年度実施報告

生  物

(1回目)H26seibutu1.jpg(10618 byte)
  日 時 平成26年12月4日(木)
     会 場 北海道札幌稲雲高等学校
  授業者 中島 憲 教諭(札幌稲雲高等学校) 
  対象クラス・科目 2学年選択「生物」
  単 元 実験「ブタの内臓の観察」  参加者 13名


(2回目)H26seibutu2.jpg(7227 byte)
  日 時 平成26年12月9日(火)  
  会 場 北海道稚内高等学校
  授業者 田島 芳 教諭(稚内高等学校) 
    対象クラス・科目 1学年「生物基礎」
  単 元 実験「腎臓(ブタ)の解剖」  参加者 7名

詳しい様子はこちら(報告書)からご覧下さいpdf.gif(168 byte)

地  学

  日 時  平成26年11月4日(火)H26tigaku.jpg(7944 byte)
  授業者  宮古 昌 教諭
  会 場  札幌啓成高校
  生 徒  3年生選択地基礎 7名
  テーマ  札幌軟石を用いた火山災害の学習

 

詳しい様子はこちらからご覧下さい
  地学研究委員会のホームページに飛びます(外部リンクです)

 

研究部

日 時  平成26年11月13日(木)H26kenkyubu.jpg(12917 byte)
    13:40〜14:00   受付
    14:10〜15:00   研究授業
    15:10〜15:50   研究協議
      *北海道エネルギー環境教育研究委員会
      授業実践交流会2014との共催
会 場  北海道札幌西高等学校(札幌市中央区宮の森4条8丁目)
授業者  山本 睦晴 先生
内 容  2学年選択 SS物理生物(学校設定科目)「 熱機関・熱効率 」

詳しい様子はこちら(報告書)からご覧下さいpdf.gif(168 byte)

物  理

日 時 平成26年11月12日(水)H26buturi.jpg(7343 byte)
  13:25〜14:15 研究授業
  14:25〜15:15 合評会
会 場 北海道倶知安高等学校( 倶知安町北7西2丁目)
授業者 田端修先生
参加者 11名
詳しくはこちらからご覧下さい

化  学

日 時 平成26年11月5日(水)
  13:00〜13:20 受付
  13:20〜13:30 開会式
  13:40〜14:25 研究授業
  14:35〜15:20 研究協議・閉会式
会 場 北海道小樽潮陵高等学校(小樽市潮見台2丁目1−1)
授業者 住山一明先生
参加者 16名


北理研主催 理科研究授業公開 H25年度実施報告

物  理

日  時  平成25年11月8日(金)13:25〜14:15
会  場  北海道紋別高等学校
授 業 者  藤林 亮太 先生(北海道紋別高校)
授業単元  〈実験〉平行板コンデンサーの電気容量
授業学級  普通科3学年 理系進学コース(男子12名、女子6名)
 詳しい様子はこちら(報告書)からご覧下さい
 研究授業の指導案はこちらからご覧下さい
 実験書はこちらからご覧下さい

化  学

日  時  平成25年10月22日(火) 13:00〜16:20
会  場  立命館慶祥高等学校
授 業 者  杉山剛英先生・松原直紀先生
授業学級  5校時(杉山剛英先生)2年H組(SPクラス:35名)
           「金属の結晶格子(座学)」
        6校時(松原直紀先生)1年G組(普通クラス:39名)
           「化学反応の量的関係(実験)」
  詳しくはこちらからご覧下さい。

地  学

1 日 時  平成25年11月8日(金)
  14:05-14:50 授業
  14:50-16:00 合評会
2 授業者  佐藤 誠 先生
3 会 場  釧路明輝高校
4 生 徒  3年生選択地学U 29名(7班)
5 テーマ  海洋の観察とその現象に関する実験
6 目 的  津波発生モテルを用いて、実際に津波の様子やその性質について考えてみる
 詳しい様子はこちら(報告書)からご覧下さい   
 実験書はこちらからご覧下さい。   

研究委員会

第5回北海道エネルギー環境教育研究大会(札幌大会)との共催で実施

授業者
  中道洋友先生、福士公一朗先生(札幌北高校)
実施日 : 平成25年11月8日
  授業 13:30〜14:35 (65分) 合評会15:30〜16:50 (80分)
会 場 : 札幌市立発寒南小学校
テーマ : エネルギーとその利用
      原子力エネルギーを考えるワークショップ
        (言語活動)の展開
対象生徒: 2年生物理選択者40名

単元のねらい
人類が利用可能な水力、化石燃料、原子力、太陽光などを源とするエネルギーの特性や利用について物理学的な視点から理解する
生徒の実態
1年次「物理基礎」履修済み、2年次に学校設定科目「現代物理学」を履修中である
エネルギー環境教育の視点から
 教材化に当たって
放射線に関する学習による、原子力エネルギーについての正確な理解
 学習展開について
言語活動を通じて原子力エネルギーへの多角的視点を培う
 教師の支援について
判断には解釈の要素が潜んでいることに気づかせる
 研究仮説との関わり
エネルギー・環境問題を主体的に考え、適切に行動できる生徒の育成
単元構成(4時間扱い)
 1時限目 オリエンテーション、放射線に関する基本事項の学習
ワークショップの趣旨、探求活動・言語活動の趣旨を理解する
ワークグループの決定(6グループ)
 2時限目 ワークショップ1
kJ法・イメージマップ・ブレインストーミング等を活用し、プレゼンテーションの準備をする
 3時限目 プレゼンテーション1実施
発表時間は1グループ8分、3班が発表
 4時限目 プレゼンテーション2実施 今回の公開授業
導 入:前時の確認、本時の目標の意識付け
展 開:プレゼンテーション 1グループ8分の発表(発表の最後に「問いかけ」を行う)+質疑応答 3班実施
   グループ内ディスカッション(提示された「問いかけ」に対しグループ内で討論し結果を黒板に提示)
まとめ:個人ワークシートの記入、授業評価を行う
   

小学校4クラス、中学校3クラス、高校1クラス、計8クラス公開授業あり、見学者も自由に出入りしていた。この授業の見学者も多いときで40名を超える賑わいであった。
合評会
・原子力や自然エネルギーはクリーンというイメージがあるが、良い部分と悪い部分を伝える必要がある。
・電力は1度でもダウンすると影響は甚大である。自然エネルギーのデメリットも理解する必要がある.エネルギー確保の問題がある。
・液化天然ガスはタンカーで運ぶ、パイプラインで運ぶなど現在北電でも現在進行中の話題があり、そこは良い教材となり得る。
・リスクに対する考え方など、物理にとどまらず倫理感も含め、非常に面白い展開が可能である。
・リアリティーの無い議論にならず、今目の前起こっている現象への議論が必要である。
・日本は公害に対して様々な経験をしてきた。吸収ではPM2.5の危険がリアリティーを持ちつつある。北海道ではあまり考えられていないが、かつて冬の粉塵公害もあった。リアリティーのある教育も可能である。
・リスクマネージメントを学ばせるため、この授業を実施している。生徒は科学は100%の答えがあると考えている。
・生徒はメリット、デメリットという言葉はよく使う。 リスクとベネフィットは理解が不十分である。
・問題があったときに、人ごとでなく、自分ごとでもなく、自分達ごととして考えれるように指導していきたい。
・このような授業体系は、生徒の意見が出そろうまで、授業のまとめ方が決まらないので、授業者としてはつらい。生徒の言語活動をさせたいという考えから、もっと発展させていきたい。


北理研主催 理科研究授業公開 H23年度実施報告

地 学

平成23年度年北理研地学授業研究会
第4回北海道エネルギー環境教育研究大会との共催で実施。
【研究授業】

授業者
札幌あすかぜ高校 松田義章先生
タイトル
『火山とマグマ、エネルギー』
  〜火山活動及び火山噴出物の観察から、火山とそのエネルギーの活用を探る。〜
目的
火山活動の実態,マグマの活動と火山活動の多様性,さらに,火山の恵みと,エネルギー資源としての活用,災害・防災・減災について興味・関心を持たせ,基礎的事項について理解させる。
日時
平成23年11月11日(金)14時30分〜15時20分
会場
札幌市立中央中学校
学年組
札幌あすかぜ高校 3年1組 40名
授業内容は、火山とそのエネルギーということで,DVDの視聴,火山噴出物の観察にはじまり,ワークシートを用いて,火山の持つエネルギーと,その活用について検討するという盛りだくさんの内容でした。

【研究協議】
 @ DVDの活用について

 A ワークシートについて

 ● 全体を通して

 ● 発表者(松田先生)のコメント

[講評]

 参考資料もたくさん用意されており,地熱発電についてまで準備がされており,授業ではそこまで進めなかったことが残念でした。エネルギー活用と,火山の災害だけではなく,恩恵についてもしっかりと扱いたいと改めて考えることができました。 今回の参加者は,10名でした。もう少し増えていくことを願っています。

(文責 札幌開成高校 一岡祐生)

物 理

 11月14日(月)北広島西高校 岸田久先生
 研究授業 13:25−14:15(5校時)
       3年生選択者14名
       「静電気」
 合評会  14:25ー15:15(6校時)

 岸田先生と生徒との日頃の良い関係が感じられる授業であった。 岸田先生から生徒へ頻繁に発問し、生徒はすぐに答えていた。 また、授業で 疑問があると生徒は質問し、岸田先生は授業の流れを考えながら答えていた。 授業中の生徒の活動もよく考えられていた。前半には机上でできる静電気の 実験があり、中盤の板書中心の授業から後半にはプリントに書き込む形で学 習内容の確認を行った。生徒が授業に常に集中できるように工夫されていた。
 合評会では静電気の実験の難しさや、見えない静電気に対して生徒にどの ように、どこまで説明するのかなど意見交換を行った。さらに岸田先生が容 易してくださった実験(メスシリンダー内に濃度分布を作る実験)を行い、 また各学校の状況などの情報交換も行い、今後の授業に活かせるたいへん充 実した研究授業・合評会であった。


北理研主催 理科研究授業公開 H22年度開催要項

地 学

日 時 平成 22年 11月2日(火)
場 所 旭川東高校  〒070-0036 北海道旭川市6条通11丁目 TEL:(0166)23-2855 / FAX:(0166)23-2623
時 程

授業者 : 藤田秀樹
科 目 : 地学T
単 元 : 地層と化石(地質図の読み取り等)

物 理

日 時 11月5日(金)
会 場 札幌開成高等学校(札幌市東区北22条東21丁目 tel 011-781-8171 fax 011-781-5629)
時 程 受付 12:15
    研究授業 5校時(12:55〜13:40) 1年5組(普通科)
         6校時(13:50〜14:35) 2年X展開(コズモサイエンス科)
    合評会  14:45〜16:00
授業者 堀輝一郎
科 目  5校時 理科総合A   6校時 理数物理
単 元  5校時 力と運動    6校時 円運動

bu_hori.jpg(6761 byte) 物理の研究授業は11月5日(金)午後、開成高校で行われた。
 授業者は堀輝一郎先生である。5校時の1年生理科総合A「力と運動(摩擦)」、6校時の2年生物理?「円運動」と、ふたコマ分も授業を公開して下さった。
 参加者は全道から15名。北は名寄農業高校、南は鵡川高校まで。珍しく私立高校からも3名の参加があった。
 理科教育センターから2名の参加があったが、一般教諭と同じ立場で議論に参加して下さった(発言はさすがの内容で勉強になった)。
 bu_kengaku.jpg(9329 byte)  授業は堀先生の人柄がよく表れた大変楽しい雰囲気であった。これは冗談がうまいというのではなく、物理を学ぶのが楽しくて仕方がないという意味である。 そして、生徒たちも教師の働きかけによく答えていた。歓声を上げたり、独り言をつぶやいたり、実験の様子を興味深げに観察したり。
 どちらの授業でも演示実験が行われた。実験操作の携わったのは一部の生徒であったが、多くの生徒がよく集中していた。結果に対する関心の高さが感じられた。
 摩擦の授業では、煉瓦を使った実験のあと、摩擦力の働き方を大胆に3つに分類して、はじめに摩擦力の全容を簡潔に紹介していた。 これは生徒にとってわかりやすい提示の仕方のようであった。ノートをとる生徒の反応がきびきびしているように感じたからである。
bu_en1.jpg(8897 byte)  円運動では、教科書の流れを無視した工夫された方法だった。扉のページに配された陸上競技ハンマー投げの写真を活用して、向心力から扱っていった。「直 線運動をしている物体に向心力が働くから円運動になる」ということをハンマー投げの写真で納得させていた。実体験ではないが、大変納得しやすい組み立てだと感じた。
 授業の後半、加速度、周期を扱った際、数式の形式的な変形操作が続いた。この時だけ、生徒の集中力が低下した。
 合評会は話題がとぎれる頃に新しい話題を提供してくれる方がおり、大変充実したものになった。 1時間以上も意見を交流していたとは思えないほど、あっという間に過ぎてしまった。
 物理メーリングリストでも参加者からの感想が投稿されている。
 参加した皆さんにとって、教材研究への意欲を高める刺激となったようである。
 最後に授業を公開して下さった堀輝一郎先生に感謝を申し上げ、報告とする。
  bu_energy1.jpg(10074 byte)   bu_gappyou.jpg(10944 byte)

化 学

日 時 11月8日(月)
会 場 札幌西高等学校(札幌市中央区宮の森4条8丁目 tel 011-611-4401 fax 011-611-4403)
時 程 13:40 〜14:00 受 付
    14:00 〜14:15  開会式・諸連絡
    14:20 〜15:10 研究授業 金澤 豪 普通科2年 (化学T(単元:電池と電気分解)
    15:20 〜16:00 研究協議・閉会式
協議内容
 (1)授業者から  ・生徒の実態と授業のねらい・単元の概要・本時の反省
 (2)意見交換
 (3)助言者から

生 物

日 時 11月8日(月)
会 場 札幌藻岩高等学校    (札幌市南区川沿3条2丁目1番1号 tel 011-571-7811 fax 011-571-7814)
時 程 14:00 〜 受 付(多目的室)
    14:30 〜15:20  研究授業 若月 聡 普通科2年 (生物T 遺伝分野)
    15:30 〜16:30 研究協議(多目的室)
協議内容
 (1)授業者から  ・生徒の実態と授業のねらい・単元の概要・本時の反省
 (2)意見交換
 (3)助言者から
申込先 石狩翔陽高等学校 早津 茂行 shayatsu@hokkaido-c.ed.jp
締 切 11月2日(火)

理科総合

実施テーマ :
  スーパーサイエンスハイスクールの取り組みを通して、「理科総合」や「理科基礎」だけでなく、新カリにおける「科学と人間生活」や「課題研究」の内容についても研修を深める。
主  催 : 北理研 理科総合研究委員会
日  時 : 平成22年12月9日(木) 13:20
授業者  : 北海道室蘭栄高等学校教員17名(理科・数学・英語・公民等)
場  所 : 北海道室蘭栄高等学校各実験室,普通教室等
対象学級 : 1年生理数科2クラス(5・6組)
授業内容 : SSHサイエンス基礎(2単位)の基礎課題研究(6時間目/10時間)
   ・数名ずつのグループに分かれて同時展開で下記の研究テーマ(予定)に取組む。
基礎課題研究テーマ(予定)
 ■翼の研究(物理)■ペットボトルロケットの最高高度に関する研究(物理)
 ■プラズマとは何か(物理)■スポーツの力学的研究(物理)■最強の電池づくりにチャレンジ(化学)
 ■ビタミンCの定量(化学)■カフェインの分離(化学)■電気分解を調べる(化学)
 ■ EXCEL VBA を利用した化学計算プログラムの作成(化学)■酸性雨と土壌の緩衝作用(化学)
 ■ゾウリムシについての研究(生物)■ DNA の抽出と精製実験(生物)
 ■プロトプラストの作製と細胞融合(生物)■光合成(色素分離・吸収スペクトル・作用スペクトル)実験(生物)
 ■魚類培養細胞による形態形成(生物)■水を浄化する生物たち(生物)■イタンキ浜の離岸流を調べる(地学)
 ■石の不思議(地学)■北大の学科・コースの振り分け方を検証する(数学)
 ■フィボナッチ数列がつくりだす美しき世界(数学)■"Sustainability(環境保全・持続可能性)"研究(英語)
 ■医療倫理問題研究(倫理)■基礎プログラミングと色の科学(情報)
時  程:
  12:50〜 受付(2階会議室※理科総合研究委員会)
  13:20〜15:10 公開授業(各実験室,普通教室等)
  15:10〜15:20 休憩・移動
  15:20〜16:20 研究協議(2階会議室)
  16:30〜 解散
申込先 北海道札幌平岡高等学校 田澤英貴 電話011-882-8122 FAX011-882-8142
                     E-mail Tazawa@hokkaido-c.ed.jp
締 切 12月2日(木)




北理研主催 理科研究授業公開 H21年度開催要項

化 学

日 時 平成 21年 11月2日(月)
場 所 札幌西高校  ( 札幌市中央区宮の森4条8丁目   tel 011-611-4401)
時 程

協議内容

理科総合

日 時 平成21年11月4日(水)
場 所 北海道札幌北高等学校(札幌市北区北25条西11丁目)
時 程

授 業 者 中道 洋友
対象学年 1年 理科総合A
実施分野 「 運動の法則 」


物 理


生 物


地 学

部・
委員会より